聖マリアンナ医科大学医学部入試問題解説

医学部受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 03-6868-6040


お問い合わせメール
ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE
HOME

聖マリアンナ医科大学医学部 過去問研究

 

聖マリアンナ医科大学医学部合格のための入試情報
医学部受験過去問研究TOPに戻る
大学受験過去問研究TOPに戻る
全国医大・医学部設置大学一覧リンク集
全国医大・医学部設置大学オープンキャンパス
・進学説明会スケジュール

聖マリアンナ医科大学医学部2017年度化学入試問題

こんにちは 医学部受験指導専門プロ家庭教師の田中です。

今回は聖マリアンナ医科大学医学部2017年度化学入試問題から第1問のモル濃度とpHの計算問題を解説します。化学反応式を正しく立てましょう。[2]の1)の解答の数値をを[3]で用いることがポイントです。

問題1


聖マリアンナ医科大学医学部入試問題解説・解答TOPに戻る

スペースONEプロ家庭教師の解説解答で聖マリアンナ医科大学の発表ではありません。

[1] 1)解説解答

[1] 1) この変化を反応式で記せ。ただし、空気中の他の成分の影響はないものとする。
解答

[1] 2) 解説解答

2) バリウムの硫酸塩は胃のX線造影剤として用いられるが、下線部@で生じた化合物はこの用途には適さない。その理由を、バリウムイオンは有害であることを考慮して2行以内で説明せよ。
解説解答
または

[2] 1) 解説解答

1) 下線部Aの水酸化バリウム濃度(mol/L)を有効数字2桁で求めよ。
解説解答

[2] 2) 解説解答

2) 下線部Aの25℃におけるpHを小数第1位まで求めよ。ただし、水酸化バリウムは水溶液中で完全に電離しているものとする。
解説解答

[3]解説解答

(3) 水酸化バリウムと反応して自沈を生じた二酸化炭素の物質量(mol)を有効数字2桁で求めよ。
解説解答

聖マリアンナ医科大学医学部入試問題解説・解答TOPに戻る

医大・医学部受験過去問研究TOPに戻る

医科大学・医学部受験合格のための入試情報

プロ家庭教師集団スペースONE過去問研究リンク集
大学受験過去問研究
高等学校受験過去問研究
中学受験過去問研究

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。