高校受験指導専門プロ家庭教師のお茶の水女子大学付属高等学校過去問研究

お茶の水女子大付属高等学校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 03-6868-6040


お問い合わせメール
ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE

HOME


お茶の水女子大学付属高等学校入試問題(過去問) 解答解説

お茶の水女子大学付属高等学校過去問研究数学入試問題

お茶の水女子大附属高等学校の2014年度数学入試問題は大問5題構成で,1,小問集合3問 2 方程式の応用 3.確率 4.関数のグラフ 5.平面図形(を含む)が出題されました。

今回は、お茶の水女子大附属高等学校の頻出入試問題  2.方程式の応用(食塩水のやり取り)を解説します。


問題

A,B2つのビーカーがある。Aには濃度χ%の食塩水400gが,Bには濃度y%の食塩水500gがそれぞれ入っている。

このとき、Aから100gの食塩水をBに移してよくかき混ぜた後に、Bがら200gのの食塩水をAにもどしてよくかき混ぜたころ、Aの食塩水の濃度が7%,Bの食塩水の濃度が8.5%になった。

χ,yの値をそれぞれ求めなさい。
t

スペースONEプロ家庭教師の解答で、お茶の水女子大学付属高等学校の発表ではありません。

解説解答

Aのχ%の食塩水100gをBのy%の食塩水500gに混ぜるとBの食塩水の濃度が8.5%になったので、

また  Aの残りの食塩水300gにBでできた8.5%食塩水200gを混ぜると7%になったので、
@ に代入して y = 9

答   χ = 6, y = 9


TOPに戻る
高等学校受験過去問研究

プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
大学受験過去問研究
医大医学部受験過去問研究
志望校合格のための医大・医学部入試情報
中学受験過去問研究
志望校合格のための中学入試情報

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。