中学受験指導専門プロ家庭教師の九州国際大学附属中学校入試問題解説

九州国際大学附属中学校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 093-592-6658



お問い合わせメール

プロ家庭教師集団スペースONE

中学受験案内HOME

入会案内へ

2015年度九州国際大附属中学校入試問題(過去問)解答解説

九州国際大附属中学校過去問研究

九州国際大附属中学校2015年度算数入試問題は昨年同様 1.小問集合を含む大問5題構成でした。

中学受験に必要な基本的な知識を必要とする出題です。基礎力をつける毎日の努力が反映される出題内容です。

算数入試問題 1.小問集合にチャレンジ

問題


九州国際大学附属中学校過去問研究TOPに戻る

スペースONEプロ家庭教師の解答で、九州国際大学大学附属中学校の発表ではありません

(1) 四則計算 解説・解答

四則計算は順番に気をつけて解きましょう。

(1) 381 - 16×5 - 215
解説
計算の順番は次の通り
16×5 = 80

381 + 80 = 461

461 - 215 = 246

答   246

(2) 解説・解答

解説

(3) 解説・解答

(3) 129 - 8×□ = 17
解説
還元算は、言葉の通り元に戻す計算です。四則計算の順番通りにまず、計算する順番を書きましょう。
還元算の計算は 後の順番から反対に計算をしていきます。@の部分を○にして考えていくと
 129 - ○ = 17   ○ = 129 - 17 = 112
8×□ = 112   □ = 112 ÷ 8 = 14

答   14

 

(4) 解説・解答

(4) 63kmの道のりを、時速54kmで進むと、□時間□分かかります。
解説
速さの三公式

答   1時間10分

(5) 解説・解答

(5) 128円で仕入れた品物に25%の利益をつけて定価を決めると、、定価は□円になる。
解説
仕入れ値を(1)とすると、利益は25% = (0.25), 定価は(1 + 0.25)・・・仕入れ値の1.25倍
定価は □ = 128×1.25 = 160

答   160円

(6) 解説・解答

(6) 1本のロープを2本のロープA,Bに切り分けると、AとBの長さの比が2:3になりました。Aの長さが10mのとき、もとのロープの長さは□mです。
解説
Aの長さをAとすると切り分ける前のロープの長さはA+B=D Aが10mなので、@は10÷2=5m D=5×5=25m

別解
AとA+Bの長さの比は 2:2+3=2:5   よって 2:5=10:□  内項の積 =外項の積 より 2×□=5×10 □=50÷2=25

答   25m

 

(7) 解説・解答

(7) A,B,Cの3人が1列に並ぶ方法は□通りあります。
解説
樹形図より

積の公式より
3×2×1=6

答   6通り

(2) 解説・解答

解説
平均 = イチゴの個数の和÷人数 で求めます。
したがって 5人家族全員でとったイチゴの個数の和 = 35 ×5 = 175個
あかねさん以外の4人がとったイチゴの数の和は 40 + 43 + 34 + 27 = 144個
あかねさんがとったイチゴの個数は 175 - 144 = 31

答   31個

 

(2) 解説・解答

解説
三角形の内角の和は180°であり、二等辺三角形の底角は等しいので、
(ア) + 67 + 67 = 180
(ア) = 180 - 67×2 = 46

答  46°

 

(2) 解説・解答

(10) 7で割って3あまる数で、100に最も近い整数は□です。
解説
7の倍数の問題です。7× = 7,7×2 = 14・・・と100に近くなるまで数え上げることもできますが。
100より小さい7で割って3あまる数は (100- 3)÷7 = 97÷7 = 13あまり6  より100 - 6 = 94
94の次の数は 94 + 7 = 101
94より100の方が100に近いので、7で割って3あまる数で、100に最も近い整数は101

答   101


九州国際大学附属中学校過去問研究TOPに戻る
中学受験過去問研究TOP
プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
高校受験過去問研究
大学受験過去問研究
医学部受験過去問研究
医科大学・医学部入試情報

HOME

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団スペース ONEに属します。