中学受験専門プロ家庭教師の中学受験案内

中学受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。
ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ(東京本部) 03-6868-6040
お問い合わせ(福岡校) 093-592-6658
お問い合わせメール
skype:ws-spaceone

中学受験のための四年生の国語学習法

国語でコーヒーブレイク(ことわざで天気予報) UPしました
HOME
インターネット指導コース

INDEX

低学年からの中学受験
4年生の学習法
中学受験よくある質問・相談
中学入試過去問研究
中学校別入試問題・傾向と対策
推薦入試実施中学校一覧
帰国生入試実施中学校一覧
指導コース案内
料金案内
個人情報保護について
プロ家庭教師集団スペースONE
入会案内
プロ家庭教師集団スペースONE
会社概要
プロ家庭教師集団スペースONE
ご依頼・お問い合わせ
スペースONEリンク集
大学受験過去問研究
高校受験過去問研究
医大・医学部受験過去問研究
医科大学医学部入試情報
第1回 中学受験長文読解問題
第2回 塾教材長文読解問題
第3回 記述の形式
第4回文法、語彙についての学習
国語を楽しもう!
四年生の算数の学習法
四年生の理科の学習法
四年生の社会の学習法
スペースONE最新情報

中学受験のための国語の学習法TOP

小学四年生の国語の学習法

第1回 中学受験長文読解問題

現在、難関校(特に男子校)読解問題文の長文化が進んでいます。

例えば、従来から
武蔵中学は長文読解問題は5,000字前後で、字数制限なしの記述解答形式でしたが、現在では、開成中学麻布中学駒場東邦中学7,000字〜8,500字の長文読解問題を出しています。

上記校のように大問一題長文でなくても、
慶応義塾普通部早稲田中学海城中学城北中学女子学院中学では読解問題2〜3題で1問2,000〜3,000字あわせて6,000字以上の問題をだしています。

この受験情報のみが先走り低年齢のうちに入試問題に採用されている作品を読むことを強いて無理に無理を重ね、結局読書嫌いをまねいたり、また作品を味わい読み通すことをせず、拾い読みに終始している場合が多く見受けられます。

長文読解は柔軟な思考と興味、関心がないと内容について考えられません。読書も積み重ねであり、低年齢期からむやみに長く晦渋な文章を強いるより、力にあったスタートラインを設定する必要があります。

また、国語の読解問題で成績が振るわない場合、音読させてみると、たどたどしく語の区切れを間違い漢字・ひらがなを読み違え、その上飛ばし読みも極端な場合2・3行飛ばしてもそのことに気がづかず読み進む場合があります。

作品の登場人物や作者の意見に対する共感・反発能力、想像力に乏しく、これでは次のステップである客観的思考力が身につかなくなります。

日々の生活の中に読書習慣を入れて、作品に対する感想を親子で話し合ってはいかがでしょう。

まとまった作品を読み通す余裕は、受験対策中心の勉強なったときには望めません。

カリキュラムにとらわれない四年生の時期に与えられた親子の至福のひと時になるでしょう。


               詳しくは学校別入試傾向と対策へ
           



第2回 塾教材長文読解問題

 進学塾の問題文をとく場合も、四年生の時期に制限時間を区切りスピードを求めると、拾い読みになりがちです。

確かに、最近の難関校の長文の字数
(5,000字〜9,500字)では、時間内に問題文を読み通すことは不可能で拾い読みにならざるを得ませんが、この拾い読みを可能にするのは、作品の内容を十分理解し、筋道立て先を見通し次の展開を見当付け正解にたどり着く思考力、想像力があってのことです。

  例えば
女子学院中学青山学院慶応義塾中等部の入試問題は、記述偏重ではなく「選択」「記入」「記述」「文法問題」を組み込んだバランスのよい出題形式をとっていますが、本文の内容・文脈を正確に理解していなければ正答にたどりくけない出題形式です。


さらに、入試問題の長文化のみに視点がいってしまいがちですが、最近の入試傾向では、選択問題よりも記述問題が中心になってきており、その中でも要約(あらすじや筆者の主張)や、受験生自身の体験を通して意見をまとめるなどの、記述力が試されてきています。

四年生の読解力として求められるのはスペードではなく、言語能力そのものです。


中学受験のための国語の学習法TOP



第3回 記述の形式

  第2回では最近の入試では、
選択問題より記述問題へ重点が移りつつあることを述べました。これは、大学特に医歯系学部を含む難関大学の受験で小論文が課せられ、この受験に耐えられる能力を中学受験段階で要求されていることの反映かと思われます。

 小学校の授業やテストではあまり厳密に要求されることはありませんが、中学受験では、
記述問題において質問の形式にあわせて答えを書かねばなりません。
 例えば、『書き抜きなさい』では、一字一句異なることなく本文そっくりそのまま書き写さなければなりません。
      『本文中の言葉を使って書きなさい』では、できる限り本文の言葉をそのまま用い、自分の言葉を使うのは、文末の形式を整えるくらいのことです。
      『なぜか』では、答えの最後を『〜だから』『〜なので』『〜のため』にする。
さらに、物語文における登場人物の気持ちの説明の書き方、論説文における違いの書き方など表記法も、形式に沿ったものが要求されます。

 一例を挙げましたが、以上のような記述上の解答形式は、純粋に技術的なものであり低年齢であっても繰り返し解答形式になれてください。


第4回文法、語彙についての学習
 
    小学校の授業では、文法・語彙をあまり詳しく学ぶことはないようですが。中学入試では必須です。

特に長文問題では、小学生向けの作品よりも、直木賞・芥川賞受賞作や、その年話題になった作品など、語彙力がないと理解できない問題が出されています。

また、文法問題も中学生の現代文法と同様の内容を要求されています。


     四年生の段階では、文法としては、基本の品詞の区別がついておくほうがよいでしょう。

 中学受験では、たとえば、言葉の種類の違うものを選ぶ問題では、
     (例) 次の中から種類の違うものをひとつ選びなさい。
          ウサギ・はねる・走る・歩く・しかる

答えは「ウサギ」です。

種類の違いは、意味の差を問わず、品詞の違いを問うているのです。

小学校受験を経てきた児童の場合、ゾウ・キリン・トラ・犬・バナナの絵の中から種類の違うものを選ぶことと同様に、意味の違いを探しがちです。

品詞名を覚える必要はありませんが、動詞・形容詞・形容動詞等の言い切りの形による品詞の識別や、「いつ・どこで・何が(誰が)何を・どうする(どうだ・なんだ)」が文節ごとに言えるように、教科書準拠の問題集の高学年用までを学習しておくと、五年生からの文法学習に無理なくつなげられるでしょう。

 語彙については、日頃から短文作りを通して言葉の意味使い方を学習するとよいでしょう。

四字熟語・ことわざ・慣用句の基本学習としては、受験直前対策のまとめの問題集を使用するのも一助です。

まとめの語句=必須語句である場合が多く、五年テキストの基本問題に必ず入っているものばかりです。

また、ことわざ・慣用句は、口調のよいものが多く、短文を作りながら、リズムでおぼえていけるでしょう。


第5回 国語を楽しもう!
国語でコーヒーブレイク スペースONEお勧めサイト
第1回 「お」を使って短文作り
第2回 ことわざで天気予報(暁星中学入試問題) ことわざで天気予報




中学受験のための国語の学習法TOP

お問い合わせはプロ家庭教師集団スペースONEへ

HOME


このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。