杏林大学医学部入試情報

杏林大学医学部受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 03-6868-6040


お問い合わせメール
ws-spaceone
プロ家庭教師集団スペースONE
HOME
志望校合格のための医大・医学部入試情報

杏林大学医学部受験受験合格のための入試情報
茨城県地域枠

プロ家庭教師集団スペースONEの入試問題(過去問出題傾向)解析と入試情報です。
最新の入試情報は杏林大学医学部にお問い合わせください。

リンク:杏林大学医学部ホームページ
三鷹キャンパス(学園本部)〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2 tel:0422-47-5511(代)
八王子キャンパス〒192-8508 東京都八王子市宮下町476 tel:042-691-0011(代)

2017年度杏林大学進学相談会の日程が発表されました。

オープンキャンパス2017の日程が発表されました。


index
平成29年度 杏林大学医学部一般入学試験茨城県地域枠概要日程等

平成29年度 杏林大学医学部一般入学茨城県地域枠試験科目

一般入学試験結果
スペースONEのプロ家庭教師による杏林大学医学部入学試験教科別出題傾向

平成29年度 杏林大学医学部一般入学試験概要へ
平成29年度 杏林大学医学部一般入学試験センター利用入試概要へ
平成29年度 杏林大学医学部一般入学試験東京都地域枠概要へ









杏林大学医学部茨城県地域枠(奨学金)入試
募集人員 2名
出願資格 以下の1~5すべての要件を満たす者。
  1. 出願時に以下のいずれかの要件を満たす者。
    (1)茨城県内の高等学校等を卒業した者あるいは2017年3月卒業見込みの者。
    (2)茨城県内に居住する者の子、かつ高等学校等を卒業した者あるいは2017年3月卒業見込みの者。
  2. 将来、茨城県の地域医療に貢献する熱意と能力を有する者。
  3. 2017年度医学部一般入試を受験する者。
  4. 本学医学部に入学する意思があり、合格した場合に入学を確約できる者。
  5. 茨城県が実施する茨城県地域医療医師修学資金に応募する者。なお、茨城県の実施する修学資金貸与のための面接を受けていただきます。
出願期間 一般入試に同じ2016年12月5日(月) ~ 2017年1月13日(金)
WEB出願登録・検定料振込:出願開始日9時~出願締切日17時
出願書類郵送:出願締切日消印有効
試験日 一般入試に同じ
〔1次試験〕2017年1月20日(金)
〔2次試験〕2017年1月25日(水) ※1次試験合格者のみ
合格発表日 一般入試に同じ
〔1次試験〕2017年1月23日(月)14時~
〔2次試験〕2017年1月27日(金)14時~
入学手続期間 一般入試に同じ
2017年1月28日(土) ~ 2017年2月7日(火)必着
試験会場 一般入試に同じ
〔1次試験〕五反田TOC (定員超過分は三鷹キャンパスにて実施)
〔2次試験〕三鷹キャンパス ※1次試験合格者のみ
備考 ・茨城県地域枠入学試験の合格者とならなかった場合は、一般入試の選考対象とします。

入試科目
1次試験科目 必須科目 外国語(英語)、数学
選択科目 理科3分野(物理、化学、生物)の中から問題配付後に2分野を選択
出題範囲 英語:「英語I」「英語Ⅱ」「リーディング」「ライティング」
数学:「数学Ⅰ」「数学Ⅱ」「数学Ⅲ」「数学A」「数学B」
 ※数学Ⅰは〔データ分析〕を除く
 ※数学Ⅲは〔複素数平面〕を除く
 ※数学Bは〔確率分布と統計的な推測〕を除く
物理:「物理基礎」「物理」
 ※〔原子〕を除く
化学:「化学基礎」「化学」

生物:「生物基礎」「生物」
2次試験科目 小論文・面接
※東京都地域枠利用の場合、二次試験において、上記面接に加え東京都担当者による面接を実施します。 面接は東京都の奨学金の理解および地域医療へ従事する強い意思を確認するために実施します。
※茨城県地域枠利用の場合、別途面接を実施します。
時間・配点 〔1次試験〕必須科目各60分・100点、選択科目100分・150点(1分野75点)、合計350点満点
〔2次試験〕小論文60分

杏林大学医学部転入学(2年編入)
当該年度に欠員が生じた場合に限り、転入学を許可することがある。
原則として大学において、本学医学部の第1学年で学修する各科目の単位数相当を修得している者
※本学医学部第1学年では、物理学、化学、生物学、生化学の講義および実習がいずれも全て必修となっている。転入学の決定に際しては、受験生が既に履修した講義および実習について単位の認定審査を行う。

TOPに戻る





TOPに戻る

杏林大学医学部一般入学試験結果
H29年度 H28年度 H27年度 H26年度 H25年度 H24年度 H23年度 H22年度 H21年度 H20年度 H19年度 H18年度
募集人員 91名 91名 91名 91名 91名 91名 89名 83名 79名 69名 69名 69名
志願者数 2,884名
(1,073名)
2,784名
(978名)
2,874名
(977名)
2,770名
(1003名)
2,125名
(741名)
2,408名
(817名)
2,348名
(772名)
2,410名
(771名)
1,709名
(528名)
2,237名
(671名)
2,201名
(666名)
2,160名
(691名)
受験者数(A) 2,764名
(1,045名)
2,649名
(947名)
2,716名
(950名)
2,623名
(962名)
2,026名
(721名)
2,280名
(782名)
2,230名
(747名)
2,296名
(738名)
1,328名
(416名)
2,019名
(608名)
1,987名
(606名)
1,929名
(625名)
合格者数(B) 123名
(43名)
124名
(41名)
121名
(27名)
122名
(30名)
124名
(52名)
124名
(36名)
120名
(26名)
117名
(32名)
115名
(29名)
105名
(26名)
97名
(25名)
93名
(21名)
倍率(A/B) 22.47倍 22.45倍 21.5倍 16.3倍 18.3倍 18.6倍 19.6倍 11.5倍 19.2倍 20.5倍 20.7倍
合格最低点 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 247点 300点 286点 286点 296点 313点
配点 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 430点 430点 430点 430点 430点 430点
合格最低得点率 57.4% 69.7% 66.5% 66.5% 68.8% 72.8%
TOPに戻る



杏林大学医学部入学試験教科別出題傾向

リンク:2017年度杏林大学医学部入試問題(杏林大学発表)






プロ家庭教師集団スペースONEによる一般入学試験教科別出題傾向

英語 オールマークシート記入式解答形式 
長文2題(500words,700words ・文法・会話・正誤問題の出題構成。解答箇所数は長文約20,短答約30。1行英文完成(空欄補充),会話文の適文選択は頻出。
杏林大学医学部2011年度英語入試問題Ⅰ解説解答

杏林大学医学部2010年度英語入試問題(会話文完成)解説解答

杏林大学医学部2007年度英語入試問題(空所補充問題)解説解答

数学 オールマークシート記入式解答形式
大問4題構成オールマークシートの解答形式。難易度も標準的で、難問奇問もない。出題内容は余弦・正弦定理,ヘロンの定理による三角形の求積,内接円の半径と面積,領域上での変数関数の値域,約数の個数と総和,三角関数の極限,楕円の接線公式,接線の交点の軌跡,積分による面積計算,微分による最小値,確率が頻出。杏林大学医学部のように標準的な難易度の問題揃いでは8割以上は 得点したいところです。
定番問題の取りこぼしが合否を分けて しまいます。

杏林大学医学部2011年度数学入試問題Ⅳ解説解答

杏林大学医学部2010年度数学入試問題Ⅳ.積分による面積計算,微分による最小値解説解答

杏林大学医学部2009年度数学入試問題1ベクトル解説解答
杏林大学医学部2009年度数学入試問題Ⅱ確率解説解答

杏林大学医学部2008年度数学入試問題1.円と接線解説解答
杏林大学医学部2008年度数学入試問題Ⅱ小問集合解説解答


理科 オールマークシート記入式解答形式
100分150点〔配点:1分野75点〕


物理
大問4題 計算量が多いので、基本問題で取りこぼしをしないように。円運動と単振り子,固有振動, 気体分子運動論,電磁誘導,二体問題,レンズとドップラー効果,熱力学が頻出。
杏林大学医学部2016年度物理入試問題Ⅰ.斜面を滑り上がる運動と空気抵抗のある垂直投げ上げ運動の比較の問題解説解答

杏林大学医学部2012年度物理入試問題Ⅰ.二体問題解説解答

化学 オールマークシート記入式解答形式
大問4題 語句補充解答形式が中心。総解答箇所約30。知識問題が多い。電気分解,化学反応,無機化学の基礎問題,分子式は頻出。

生物 オールマークシート記入式解答形式
大問4題設問箇所が多い(60以上)ので、細かい知識が必要。恒常性と呼吸,生殖と遺伝,ヒトの生物学的特徴,発生が頻出。


小論文
H22年度小論文問題
「生活習慣と病気についてどのように考えるか述べなさい。(800字以内)
H21年度小論文問題(60分)
「環境破壊」についてどのように考えるか,述べなさい。(800字以内)

センタ-試験利用入試(個別学力検査)小論文問題(60分)
小論文
H22年度入試
2月12日実施

公共の乗り物に設定されている“シルバーシート”(お年寄りや身体の不自由な方等のための優先座席)についてどのように考えるか、述べなさい。(800字以内
2月13日実施
朝食を食べない小・中学生が増えていると報道されています。これについてどのように考えるか、述べなさい。(800字以内)
H21年度入試
2月13日実施:
小中学校におけるいわゆる「ゆとり教育」についてどのように考えるか,述べなさい。(800字以内)

2月14日実施
高校生の理数科離れが指摘されています。このことについてどのように考えるか,述べなさい。(800字以内)

 
杏林大学医学部合格のための入試情報TOPに戻る
医大・医学部受験過去問研究TOPに戻る

医科大学・医学部受験合格のための入試情報

プロ家庭教師集団スペースONE過去問研究リンク集
大学受験過去問研究
高等学校受験過去問研究
中学受験過去問研究

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。