順天堂大学医学部入試情報

順天堂大学医学部受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 03-6868-6040


お問い合わせメール
ws-spaceone
プロ家庭教師集団スペースONE
HOME

志望校合格のための医大・医学部入試情報

医学部受験志望校合格のための入試情報
順天堂大学医学部センター・一般独自併用入学試験


プロ家庭教師集団スペースONEの入試問題(過去問出題傾向)解析と入試情報です。
最新の入試情報は順天堂大学医学部にお問い合わせください。

リンク:順天堂大学医学部公式ホームページ

本郷キャンパス〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1TEL:03-3813-3111(代)

さくらキャンパス〒270-1695 千葉県印旛郡印旛村平賀学園台1-1TEL:0476-98-1001(代)

入試に関する相談先(医学部入試係) TEL 03-5802-1021 FAX 03-3814-6576



順天堂大学医学部国際臨床医・研究医枠入学試験概要が発表されました。

順天堂大学医学部インターネット出願情報が更新されました。



index
平成29年度 順天堂大学医学部センター・一般独自併用入学試験概要

順天堂大学センター・独自併用入学試験者対象奨学金

平成29年度 順天堂大学医学部センター・一般独自併用入学試験日程


平成29年度 順天堂大学医学部センター・一般独自併用入試科目


順天堂大学医学部センター・一般独自併用入試入試結果

スペースONEのプロ家庭教師による順天堂大学一般入学試験教科別出題傾向

一般入学試験へ
センター利用入学試験へ
東京都地域枠入学試験へ
新潟県地域枠入学試験へ



順天堂大学新入生は学寮において1年間共同生活を送ります。


センター・一般独自併用入学試験  募集人員35名程度
センター・一般独自併用入学試験では、大学入試センター試験の5教科7科目(国語、地理歴史・公民〔1科目〕、数学〔2科目〕、理科〔2科目〕、英語)国立大学と同様に加え、本学の一般独自試験の2教科2科目(英語および理科)で一次試験合格者を選抜し、小論文・英作文、面接、一次試験選考結果を総合的に判断したうえで、二次試験合格者を選抜いたします。


センター・独自併用入学試験者対象奨学金
千葉県医師修学資金貸付制度

この制度は、「将来、医師として千葉県の地域医療に貢献したい」という強い意志をもつ学生に対して、千葉県が修学資金を貸与する制度であり、出身地および出身高等学校等は問いません。
 本学医学部入学試験(東京都地域枠入学試験および新潟県地域枠入学試験を除く)の面接試験において、将来、医師として千葉県の地域医療に貢献したい強い意志を確認し、入学後に修学資金の貸与者を決定します。

○対象入試  一般入学試験,センター・独自併用入学試験,センター利用入学試験
○対象者数  1名

・貸与額  月額30万円

6年間の総額は2,160万円であり、本学の修学費(2,090万円)+αに相当します。

 詳しくは、千葉県ホームページの千葉県医師修学資金貸付制度をご覧ください。


基礎医学研究者養成奨学金

 基礎医学研究者養成プラン(仮称)では、基礎医学研究者養成の観点から卒前・卒後(大学院)教育を一貫して見通した特別コースを実施します。
 本学医学部に入学し、4年次以降に基礎医学研究者養成プランを選択した学生には、基礎医学研究者養成奨学金を貸与する制度です。

○対象入試  一般入学試験,センター・独自併用入学試験,センター利用入学試験

○対象者数  1名

・貸与額  月額 10万円(予定)

 奨学金の貸与者は、本学卒業後、貸与期間と同年数以上の年限を本学医学部で基礎医学研究者として従事しなければなりません。




平成29年度 医学部 センター・一般独自併用入学試験日程
募集人員 28名程度
出願期間
2016年12月12日(月) ~ 2017年1月12日(木) 必着
この期間中に、インターネット出願の登録と入学検定料の納入を済ませ、なおかつ出願書類が本学に到着していること
大学入試センター試験日 2017年1月14日(土) ~ 1月15日(日)
大学入試センター会場 大学入試センター指定の試験場
一次試験日一般独自試験(学力試験) 2017年1月19日(木)
一次試験会場 幕張メッセ
一次試験 合格発表日 2017年2月4日(土) 正午
二次試験日 小論文・英作文試験 2017年2月8日(水)
試験会場 本郷・お茶の水キャンパス
面接試験 2017年2月9日(木) ~ 2月10日(金)
(2日間のうちいずれか1日)
試験会場 本郷・お茶の水キャンパス
二次試験 合格発表日 2017年2月16日(木) 正午
入学手続期間 2016年2月16日(木) 正午 ~ 2月22日(水) 正午


平成29年度 医学部 センター・一般独自併用入学試験科目
大学入試センター試験 試験科目(教科の選択数等は国立大学と同様です)
教科 科目 選択 配点
国語 近代以降の文章および古典(古文、漢文) 必須 200点
地理歴史・公民 「世界史B」,「日本史B」,「地理B」,「現代社会」,「倫理」,「政治・経済」,「倫理、政治・経済」 7科目中1科目選択 100点
地理歴史・公民から2科目選択した場合は、第1解答科目の成績を判定に使用します。
数学 「数学I・数学A」,「数学II・数学B」 2科目必須 200点
(各100点)
理科 「物理」,「化学」,「生物」 3科目中2科目選択 200点
(各100点)
英語 リスニングを含む
必須
250点

一般独自試験 試験科目
試験科目 試験範囲 試験時間 配点
理科(3科目中2科目選択) 物理:物理基礎,物理 120分 100点
化学:化学基礎,化学
生物:生物基礎,生物
理科は、3科目から選択した2科目のうち、高得点の1科目を判定に使用します。
英語 コミュニケーション英語I,コミュニケーション英語II,
英語表現I,英語表現II
80分 200点

二次試験科目
小論文・英作文試験 小論文問題と英作文問題が同時に出題され、試験時間内に両方を解答してもらいます。
120分
面接試験 2日間のうちいずれか1日 約20~30分
面接試験の実施日時は、一次試験合格発表時に掲示にて発表します。また、補助的手段としてインターネットによる発表も行います。


TOPに戻る
センター・一般独自併用入試入試結果
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
募集人員 35 35 35 35
志願者 874 1,034 1,017 1,061
受験者 836 998 985 1,003
合格発表者 50 44 40
入学者 31 22 17 11
入学者倍率 26.97 45.36 91,18



「入試過去問題活用宣言」について
順天堂大学は、「入試過去問題活用宣言」に参加しています。

  1. 本学が必要と認める範囲内において、「入試過去問題活用宣言」に参加している大学の入試過去問題を使用して出題することがあります。
  2. 入試過去問題を使用する際は、そのまま使用することも、一部を改変して使用することもあります。ただし、この宣言に参加したことによって、入試過去問題から必ず出題するということではありません。
  3. 使用した過去問題については、入試終了後、受験生に分かるような形で公表します。


一般入学試験教科別出題傾向
英語  オールマークシート式解答形式
2008年度順天堂大学の医学部入試問題は
長文(約450words,600words)2題、空所補充1、単語整序英作文1以上オールマーク式解答形式、自由英作文の構成でした。自由英作文のテーマは「influence of genetic technology on the medical profession and society」最近のテーマは医学部受験生向けにかなり専門的なテーマをもってきています。
350~400 wordsほどで自分の考えをまとめられるよう準備をしましょう。
2009年度順天堂大学の医学部入試問題は長文3題(1題インタビュー)、自由英作文の構成でした。昨年度までの空所補充、単語整序英作文の独立問題はなくなりました。自由英作文のテーマは「the relationship between diet and health」昨年度は医学部受験生向けにかなり専門的なテーマでしたが、今年度は汎用的なテーマだけにかえって、受験生の個性のでる解答になったのではないでしょうか。350~400 wordsほどで自分の考えをまとめられるよう準備をしましょう。
2011年度順天堂大学の医学部入試問題は昨年に引き続き長文3題、自由英作文の構成でした。
2013年度は、長文総合4問に英文エッセイの出題構成でした。
順天堂大学医学部過去問研究2011年度英語入試問題Ⅲ(長文完成・適語選択)解答・解説

順天堂大学医学部過去問研究2010年度英語入試問題Ⅱ(インタビュー)解答・解説

順天堂大学医学部過去問研究2009年度英語入試問題Ⅲ(長文総合)解答・解説

順天堂大学医学部過去問研究2008年度英語入試問題Ⅲ(整序英作文)解答・解説

数学 マークシート・記述併用式解答形式
2009年度順天堂大学医学部入試問題は
Ⅰ.小問集合 Ⅱ.回転体の体積・表面積の問題 Ⅲ.関数の定義・公式の証明でした。
難問はなく全体的に解きやすく平均点が高いと思われます。
それだけに完成度が求められる問題ともいえるでしょう。
1.2はマークシート解答形式。3.記術式の解答 例年通りの設問・解答形式でした。
一時通過ラインは例年85%ですが、難易度はやや易しめですので、90%超えが目標でしょう。
Ⅱは誘導されて解き進める問題ですが、少し変わった問題でした。
順天堂大学医学部過去問研究2009年度数学入試問題Ⅱ解答・解説

理科
物理マークシート・記述併用式解答形式
Ⅰがマークシート解答形式大問3題 Ⅱが記述式
2013年度では、Ⅰ.1小問集合 2荷電粒子の螺旋運動からオーロラ現象を考える問題 3熱力学 Ⅱ滑車の運動
2009年度ではⅠ.1小問集合 2波のドップラー効果 3電磁誘導 Ⅱバネが出題された。2013年度は、第1問 小問集合 第2問 荷電粒子の螺旋運動からオーロラ現象を考える問題 第3問 熱力学 Ⅱ.滑車の運動が出題されました。
順天堂大学医学部過去問研究2013年度物理入試問題第1問 問3気体の圧力解答・解説

化学マークシート・記述併用式解答形式
Ⅰがマークシート解答形式大問4題 Ⅱが記述式 4問(解答数 6)

生物マークシート・記述併用式解答形式
Ⅰがマークシート解答形式大問3題 Ⅱが記述式



順天堂大学医学部入試情報TOPに戻る

医大・医学部受験過去問研究TOPに戻る

医科大学・医学部受験合格のための入試情報


プロ家庭教師集団スペースONE過去問研究リンク集
大学受験過去問研究
高等学校受験過去問研究
中学受験過去問研究

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。