北里大学医学部入試問題解説

北里大学医学部受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 03-6868-6040


お問い合わせメール
skype:ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE

HOME

北里大学医学部受験過去問研究

 

医学部受験過去問研究TOPに戻る
大学受験過去問研究TOPに戻る
全国医大・医学部設置大学一覧リンク集
全国医大・医学部設置大学オープンキャンパス
・進学説明会スケジュール

北里大学医学部過去問研究2017年度化学入試問題

こんにちは スペースONE医学部受験専門プロ家庭教師の田中です。

今回は北里大学医学部2017年度一般入試問題化学X.有機化学の油脂についての問題を解説します。

ヨウ素価格、ケン化価の計算方法をマスターしておきましょう。

油脂の構造式も書けるようにしましょう。

問題 [X]


北里大学医学部入試問題解説・解答TOPに戻る

[23]解説解答
問1. 油脂の構成成分であるグリセリンついての記述として、誤っているものを2つ選べ。[23]

a.第三級アルコールである。

b.ヨードホルム反応を示す。

c.化粧品や医薬品の成分として用いれれる。 

d.常温・常圧で無色の液体であり、水と任意の割合で混ざり合う。

e.濃硫酸と濃硝酸の混合液を作用させると、火薬の原料が生成する。
解説解答
a. 誤り。正しくは「第三級アルコール」ではなく、「3価のアルコール」
b.誤り。ヨードホルム反応を起こすものは
だがグリセリンはいずれの形も持たない。

[23]答え  @
[24]解説解答

[25]解説解答

(2) 油脂A2.21gを完全に加水分解するのに要した水酸化ナトリウム(式量40.0)は0.300gであった。油脂Aの分子量を求めよ。[25]
解説解答
油脂A + 3NaOH → グリセリン + 3×(脂肪酸のNa塩)
(油脂Aの分子量をMとする。)
M:120 = 2.21:0.300 より  M = 884

[25]答え  B

[26]解説解答

(3) 油脂A 2.21gにヨウ素(分子量254)を十分に作用させたところ、ヨウ素1.91gが消費された。脂肪酸Xの1分子に含まれるC = C結合の数mはいくつか。[26]
解説解答



北里大学医学部入試問題解説・解答TOPに戻る
医大・医学部受験過去問研究TOPに戻る

医科大学・医学部受験合格のための入試情報

プロ家庭教師集団スペースONE過去問研究リンク集
大学受験過去問研究
高等学校受験過去問研究
中学受験過去問研究

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。