高校受験指導専門プロ家庭教師の川崎医科大学付属高校過去問研究

川崎医科大学付属高校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 03-6868-6040


お問い合わせメール
ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE


2017年度 川崎医科大学附属高等学校入試問題(過去問) 解答解説

川崎医科大学附属高等学校数学過去問研究

川崎医科大学附属高校一般数学入試問題は例年大問4・5題構成。【1】小問集合 【2】〜【4】または【5】関数・方程式の応用・平面図形(証明問題)が頻出です。

2017年度は証明問題がなく、【1】小問集合5問 【2】関数 【3】方程式の応用 【4】 平面図形 【5】規則性が出題されました。

今回は 2. 関数を解説します。  

問題


スペースONEプロ家庭教師の解答で、川崎医科大学附属高等学校の発表ではありません。


(1) 解説解答
 
(2) 解説解答

(3) 解説解答

(4) 解説解答

(4) △OAPがOP = APの二等辺三角形になるような点Pがグラフ@上に2個ある。この2個の点の座標をそれぞれ求めなさい。(求め方や途中の計算を書くこと。)
解説解答
二等辺三角形の性質より 二等辺三角形の頂点の二等分線は、底辺を垂直に2等分するので、

(3)の線分OAの垂直二等分線と、@のグラフの交点が、OP = APの二等辺三角形△OAPの頂点Pとなる。



答   P(- 6,9), (2,1)

(5) 解説解答

(6) 解説解答
TOPに戻る
川崎医科大学附属高等学校受験過去問研究

プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
大学受験過去問研究
医大医学部受験過去問研究
志望校合格のための医大・医学部入試情報
中学受験過去問研究
志望校合格のための中学入試情報

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。