中学受験指導専門プロ家庭教師の明治学園中学校入試問題解説

明治学園中学校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ(東京本部) 03-6868-6040
お問い合わせ(福岡校) 093-592-6658


お問い合わせメール

プロ家庭教師集団スペースONE

中学受験案内HOME

入会案内へ

2015年度明治学園中学校入試問題(過去問)解答解説

明治学園中学校過去問研究

2015年度 明治学園中学校算数入試問題は 例年通り小問集合・大問5題の出題構成で1.した。出題内容は1.小問集合10問,2.約束記号3.割合の文章題 4.場合の数 5.速さでした。

今回は スペースONE福岡校のプロ家庭教師が4.場合の数を解説します。

算数入試問題  

問題4


明治学園中学校過去問研究TOPに戻る

スペースONEプロ家庭教師の解答で、明治学園中学校の発表ではありません。

(1) 解説・解答

(1)  立方体の辺のみを通って進む最短の経路は何通りありますか。
解答
樹形図の通り

答  6通り
(2) 解説・解答
(2) 立方体の辺と正方形の対角線を1本ずつ通って進む経路は何通りありますか。
解答
辺→対角線を通る場合 (A→D→G),(A→B→G),(A→E→G) 3通り。

対角線→辺を通る場合 (A→H→G),(A→C→G),(A→F→G) 3通り。

よって 6通り


答  6通り
(3) 解説・解答
(3) 立方体の辺3本と正方形の対角線1本の4本を通って進む経路は何通りありますか。ただし、同じ辺は2回通らないものとします。
解説
@ 辺→辺→辺→対角線,A 辺→辺→対角線→辺,B 辺→対角線→辺→辺,C 対角線→辺→辺→辺,に分けて考える。
樹形図の通り Cは@と対角線を通る場合が最初と最後に変わるだけなので同じ6通り,同様にBもAと同じ12通りになる。

よって (6 + 12)×2 = 36通り

答  36通り


明治学園中学校過去問研究TOPに戻る
明治学園中学校合格のための入試情報へ
中学受験過去問研究TOP
プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
高校受験過去問研究
大学受験過去問研究
医学部受験過去問研究
医科大学・医学部入試情報

HOME

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団スペース ONEに属します。