中学受験指導専門プロ家庭教師の麻栄光学園中学校過去問研究

栄光学園中学校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ(東京本部) 03-6868-6040
お問い合わせ(福岡校) 093-592-6658


お問い合わせメール
ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE

中学受験案内HOME

インターネット指導コース

2010年度 栄光学園中学校・高等学校入試問題(過去問)解説・解答

栄光学園中学校・高等学校理科過去問研究

栄光学園中学校2010年度理科入試問題は、例年通り1テーマ問題で 今年は 稲に関する総合問題でした。植物の知識だけでなく、グラフの読み取り、計算問題がだされています。

理科入試問題 稲の総合問題にチャレンジ


栄光学園中学校2010年度理科問1へ
栄光学園中学校2010年度理科問2へ

問3】





スペースONEプロ家庭教師の解説・解答で栄光学園中学校発表ではありません。

問3 問1 解説解答

 

解説
水の重さ50gのとき、ふっとうするまでの時間  7分
ふっとうが始まってからその11分後までの11分間に蒸発した水の量   7分のときの水の重さ 48g  18分のときの水の重さ 35g
よって 11分間に蒸発した水の量は 48ー35=13g

答    7分,  13g
問3 問2 解説解答
解説
水温の変化のグラフより 水の量が50gのとき、沸騰するのにかかる時間は 7分,

 水の量が100gのときは、10分,

150gの時は14分。

よって、ビーカーの中の水の量が少ないほど、ふっとうするまでの時間は短い。
水の量が50gのとき、

蒸発が始まる時間5分から30分までに蒸発した水の量は 

50−20=30g  

よって1分間に 30÷25=1.2g

水の量が100gのとき、

蒸発が始まる時間7分から30分までに蒸発した水の量は 

100−75=25g  

よって1分間に 25÷23=1.08・・・g

水の量が150gのとき、

蒸発が始まる時間10分から30分までに蒸発した水の量は 

150−130=20g  

よって1分間に 20÷20=1g

   ア ・ エ
問3 問3 解説解答
解説
ご飯に含まれる水の量の割合は下の表の通り

よって、ご飯に含まれる水の量の割合の平均は、(1.25+1.26+1.22+1.22+1.22+1.23+1.24)÷7=1.234・・

75gのお米はが吸収する水の量はお米の量の約1.23倍,75×1.23=92.25g。

問2−問5より蒸発する水の重さの平均は55g  

よって75gのお米に入れる水の量は 92+55=147

答   147g
栄光学園中学校2010年度理科問1へ
栄光学園中学校2010年度理科問2へ
栄光学園中学校・高等学校過去問研究TOPに戻る
栄光学園中学入試問題傾向と対策TOPに戻る
栄光学園中学受験過去問対策TOPに戻る
中学受験Eラーニング(過去問研究)TOPに戻る
プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
高校受験数学・英語過去問研究
大学受験過去問研究
医学部受験過去問研究
医科大学・医学部入試情報

HOME

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団スペース ONEに属します。