中学受験指導専門プロ家庭教師の愛光中学校入試問題解説

愛光中学校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ(東京本部) 03-6868-6040
お問い合わせ(福岡校) 093-592-6658


お問い合わせメール
ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE

中学受験案内HOME

入会案内へ

2017年度愛光中学校入試問題(過去問)解答解説

愛光中学校過去問研究

2017年度 愛光中学校理科入試問題は、1.人体 2.植物 3.月と地球の自転と公転 4.水溶液の性質 5.電気と運動 6.とこのつりあい が出題されました。

今回は スペースONE福岡校のプロ家庭教師が4.水溶液の性質を解説します。

理科入試問題  水溶液の性質にチャレンジ

問題


愛光学園中学校過去問研究TOPに戻る

スペースONEプロ家庭教師の解答で、愛光学園中学校の発表ではありません

実験操作@ 解説

実験操作@ ビーカーA〜Gの水溶液をそれぞれ青色リトマス紙につけてみると、ビーカーAの水溶液では赤くなったが、、それ以外のビーカーB〜Gの水溶液では青色のままで変化しなかった。
解説
リトマス紙の主な成分はアゾリトミンという酸性の赤色の色素で、このアゾリトミンはアルカリとくっついて青色の塩を作るため、アルカリ性で青色になり、酸性で赤色になる。

よってビーカーAの水溶液は酸性,それ以外のビーカーB〜Gの水溶液は中性またはアルカリ性。 (ア)〜(ク)の水溶液の中で酸性なのは、(ウ) うすい塩酸 (オ) うすい過酸化水素水 (ケ)炭酸水
実験操作A 解説・解答
実験操作A ビーカーAの水溶液は、鼻をつくにおいがした。
解説解答 
実験操作@よりビーカーAは酸性で、実験操作Aで鼻をつくにおいがしたので、ビーカーAは(ウ) うすい塩酸。

(オ) うすい過酸化水素水 (ケ)炭酸水は無臭。

答  A:(ウ)
実験操作B解説
実験操作B ビーカーB〜Gの水溶液をそれぞれ赤色リトマス紙につけてみると、ビーカーB,E,Fの水溶液では青くなったが、ビーカーC,D,Gの水溶液では赤色のままで変化しなかった。
解説
赤色リトマス紙につけてみると、ビーカーB,E,Fの水溶液では青くなったので、ビーカーB,E,Fの水溶液はアルカリ性。アルカリ性の水溶液は、(イ)アンモニア (エ)うすい水酸化ナトリウム (ク)石灰水

ビーカーC,D,Gの水溶液では赤色のままで変化しなかったので、中性。中性の水溶液は(ア)アルコール (カ)さとう水 (キ)食塩水

実験操作C 解説

実験操作C ビーカーB,E,Fの水溶液に、それぞれ二酸化炭素を通してみると、ビーカーEの水溶液だけ白くにごった。
解説
石灰水は、水酸化カルシウムの水溶液のことで、二酸化炭素を通すと、炭酸カルシウムの沈殿が生じる。白くにごるのは、水酸化カルシウムが二酸化炭素と反応して炭酸カルシウムの沈殿を生じる反応。よってビーカーEの水溶液は(ク)石灰水。

答  B:(ク)

実験操作D解説

実験操作D ビーカーFの水溶液は、鼻をつくにおいがした。
解説
実験操作Bより、ビーカーFの水溶液はアルカリ性。アルカリ性の水溶液は(イ)アンモニア (エ)うすい水酸化ナトリウム (ク)石灰水。

実験操作CよりビーカーBは(ク)石灰水。

(イ)アンモニアは鼻をつくにおいがする。 

(エ)うすい水酸化ナトリウムは無臭。

したがって ビーカーFは(イ)アンモニア

答  F:(イ)

実験操作E解説

実験操作E ビーカーC,D,Gの水溶液を蒸発皿に少量とり水分をゆっくり蒸発させると、ビーカーCとGの水溶液からは白色の個体が得られたが、ビーカーDの水溶液からは何も得られなかった。
解説
実験操作Bより ビーカーC,D,Gの水溶液中性で(ア)アルコール (カ)さとう水 (キ)食塩水。アルコールは液体がとけた水溶液,砂糖水と食塩は個体がとけた水溶液。ビーカーDの水溶液からは何も得られなかったので、(ア)アルコール。

答  D:(ア)

実験操作F解説

実験操作F 実験操作Eで得られた白色の個体を強く熱してみると、 ビーカーGから得られた白色の個体は煙を出しながら黒く焦げたが、ビーカーCから得られた白色の個体は変化しなかった。
解説
砂糖は有機物なので、炭素と水素を含んでいるので、燃焼すると二酸化炭素と水が発生して、灰(炭)が残る。食塩は無機物。したがってビーカーGから得られた白色の個体は煙を出しながら黒く焦げたので、砂糖水。ビーカーCから得られた白色の個体は変化しなかったので、食塩水。

答  C:(キ)   G:(カ)

実験操作G解説

実験操作G ビーカーDの水溶液に二酸化マンガンを加えても、何も変化は見られなかった。
解説
ビーカーDは実験操作Eより (ア)アルコール。二酸化マンガンを加えると酸素が発生するのは(オ) うすい過酸化水素水。


解説解答

上記で残った水溶液は ビーカーEで(エ)うすい水酸化ナトリウム水溶液,(オ)過酸化水素水。実験操作Bより、ビーカーEはアルカリ性なので、(エ)うすい水酸化ナトリウム水溶液。

解答  A(ウ) うすい塩酸,B(ク)石灰水, C(キ)食塩水,D(ア)アルコール,E(エ)うすい水酸化ナトリウム水溶液,F(イ)アンモニア,  G(カ)砂糖水
愛光学園中学校過去問研究TOPに戻る
中学受験過去問対策TOP
プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
高校受験過去問対策
大学受験過去問対策
医学部受験過去問対策
医科大学・医学部入試情報

HOME

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団スペース ONEに属します。